ヘイマタグエン心理論


ヘイマタグエン心理論

葉酸サプリや補助食品

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的見地からも認められています。

こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。
実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、トクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用する場合もあるようです。
いわゆる不妊症の原因というと、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性の方での問題と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性側に原因があることとが想定されます。
もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。
きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、両親ともに受診して検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。
不妊の一因は冷え性だともいわれています。
冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、代謝が落ちて、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することにつながります。
古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。
血流のわだかまりを解消し、自律神経の働きを促し、体全体をリラックスさせる効果があります。
冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。
妊活中の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。
上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けに挑戦してみました。
妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。
結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。
産み分けをして良かったと思っています。
赤ちゃんを授かったという事で産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。
こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。
一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。
あるいは、野菜も代表の一つですね。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱すると大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、食材を調理するようにしましょう。
妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。
この妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。
しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
流産や不妊におけるリスク要因は女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、ご家庭での普段通りの食事に加え、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんに悪影響が無いように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大事です。


Comments are closed.